今市報徳二宮神社

0

    そんとく

    皆さん、この銅像は知ってますか?

    薪を背負って本を読んでいるこの姿。

    小学校で見かけますね。

     

    二宮金次郎として有名な二宮尊徳です。

     

    お墓

    小田原市で生まれ、ここ栃木県今市市で亡くなりました。

    尊徳さんのお墓です。

     

     

    神社

         今市報徳二宮神社

     

     二宮尊徳は東照大権現社を含め、困窮を極めていた日光の村々を復興させようと奔走したのです。

     

     

    おみくじ

    今月17日に例大祭が行われます。

    尊徳さんは水の神様ということで『神水のおみくじ』ができました。

    境内の御神水に浮かべて占うようです。

    ぜひ、やってみたいです。

     

    この二宮神社をより近しく、親しく、そして応援したくなったのにはある出会いがあったのです。

     

    今年の5月21日、夫の会社のイベントで、薪火まつりというのを開いていました。

     

    まきび

    薪の中をくりぬいて作った『きこりのろうそく』の火をじっと眺めていらしたご夫婦がいました。

    「いいわね〜この火」と奥様。

    熱心に質問をしてくるご夫婦に担当者は説明をしていました。

    話のなかでご主人の出身が、うちの夫と同じ栃木県今市市ということで、夫をすぐ呼び、話がこの火の燃え方以上に燃え上がり、

    名刺を交換し、手を握り合い、肩をたたかれ、地元二宮神社を盛り上げようじゃないか、を誓い合ったのです。

     

    今市出身のFさんは素晴らしい方で、なんと大きな大きな木で彫られた像を二宮神社に寄贈されました。

     

    木像

     尊徳来福像と名付けられました。

     

    オブジェ

    杉の巨木を日本チェーンソー大会優勝者に依頼し、出来上がって6月30日に奉納設置されました。

     

    これがひとつの木だったとは思えない大きくて、細く掘られていて、顔はとても愛らしい。

     

    まき

     

    きこり

    例大祭、当日は『神代の灯り』として、この木のろうそくに火を灯させていただきます。

     

     

    二宮尊徳翁遺訓

    人生れて学ばざれば生まれざると同じ

    学んで道を知らざれば学ばざると同じ

    知って行うこと能はざれば知らざると同じ

    故に人たるもの必ず学ばざるべからず

    学をなすもの必ず道を知らざるべからず

    道を知るもの必ず行はざるべからず

     

     晩年、日光の再興に取り組み、1856年、69歳で病没

     

       例大祭の報告はまた記事に載せさせていただきます。

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.05.23 Thursday
      • -
      • 08:44
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      みんなのブログ

      TIME

      最新の記事

      カテゴリー

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR