東北を忘れない

0

    渋谷

    久々の渋谷。

    テレビによく映る若者でいっぱいのあの交差点。

    朝だからまだスムーズに渡れた。

     

    代々木

    3月17日東日本大震災復興支援 第6回忘れな草プロジェクト。

     

    未曾有の大災害の復興の道は厳しく長いものだ。

    そんな中、福島県の産業復興の一助となるよう始まったプロジェクト。

     

    忘れな草を育てた福島県の農業高校生が募金活動をして、忘れな草の鉢をお配りする。

     

    鉢

    1200鉢の忘れな草を袋詰めするお手伝いをしてきました。

     

    東北

    この日の代々木公園はアイルランド最大の祝日『セント・パトリックス・デー』のお祭りで賑わっていました。

     

    8年前の3月11日・・・あの日を忘れない・・・

     

    無事に忘れな草は皆さんのお手元に配られていった・・・・

     

    しぶや

    行きは渋谷駅から公園通りを歩き、何年ぶりかで来たのであまりの変わりようにビックリ。

     

    帰りは原宿から明治通りを渋谷に向かって歩いた。

     

    まだまだ渋谷は大きく変わる。

     

     

    珈琲 

    サザコーヒーで一服。

     

    花

     

    家に着いて、忘れな草を鉢に植えました。

     

     

     

     

     

     

     


    西会津の2日目は ジョセササイズ

    0

      雪

      西会津の2日目は除雪作業、おっと除雪作業ではないエクササイズなのだ。

       

      除雪

      除雪は労働ではなくエクササイズなのだ。

      福島県西会津で生まれた『ジョセササイズ』

       

      雪国の日常生活の苦痛を楽しみに変えて、雪かきが終わったころには、身体が引き締まっているということになる。

       

      スコップ

      やりだしたら止まらない。

       

      除雪

      お疲れ

      お疲れ様〜。

      皆さん、汗びっしょり。

       

      このまま、テントサウナへどうぞ。

       

      『日本ジョセササイズ協会』で検索しますと詳しいことが書かれてあります。

       

      草刈りもお墓掃除も家事もエクササイズと思ってやれば、心も身体もラクになりますね。

       

       

       


      SNOW SAUNA in NISHIAIZU 1日目

      0

        校庭

        ここは福島県西会津。

        廃校になった中学校近くでサウナのイベントがありました。

         

         

        廊下

        まずは学校内を見学。

        ここは、西会津国際芸術村となっていて、元の教室、廊下にはアート感漂います。

         

        窓

        教室の窓から見える風景。

        あのテントが気になります。

         

        テント

        雪の上にテントサウナ。

        この中で男女、半分裸で入って身体を温める。

        ロウリュのプロ、熱波師がタオル一枚で熱波を送る。

        そろそろ身体が熱くなって出てくるかしら・・・

         

        サウナから

        汗びっしょりになって出てくる人たち。

         

        本場フィンランドでは近くの湖に飛び込むのです。

         

        飛び

        一列に並んで、端の人から雪にダイブ!

         

        雪

        キャア〜気持ちいい〜の声が。

         

        ダイブ

        死んでるのではありません。

        最高!と言って飛び込んでるのです。

         

        学校

        テントサウナから出て雪に飛び込むぞ!イベントは日本初であります。

         

        このあとも日が落ちるまで、何度も何度もテントサウナから雪原へと飛び込んだ人たち。

         

        サウナ好きが集まって、テント内も盛り上がって、例年より少ない積雪に飛び込むイベントは明日もやります!

        きっと来年もやります!

         

         

         

         

         

         


        おめでとう、義母95歳

        0

          誕生日

          義母が95歳になった。めでたい、めでたい。

           

          みんなで、施設にいる義母に会いに行った。

           

          義母は目が見えないので、いつも、バースディカードは音有りのカードにしている。

           

          今年のは演歌猫。

           

          演歌調に ♪ハッピバースデートゥーユー♬ とこぶしをきかせて歌うのだ。

           

          けーき

          集まった人たちがそれぞれプレゼントを渡し、みんなでケーキを食べてお祝いした。

           

          娘や息子、孫、ひ孫たちに囲まれ、母も喜んだことでしょう。

           

          いつまでも穏やかに暮らして欲しいです。

           

           

          きわだの郷で

          ボクからもおめでとう。

           

            ここは母が一番最初に入った施設の前です。

           

           

           

           

           


          母の誕生日

          0

            お店

            1月13日は母の88歳のお誕生日。

             

            母は年末、心不全で入院し、3週間の入院予定になったので、予約していた13日のお祝い会のお店をキャンセルしました。

             

            思ったより早く退院できたから集まれるメンバーで居酒屋に行きました。

             

            居酒屋

            なんたってチビがいるから個室でないと、、、、

             

            孫

            孫3人は、走り回るやら、USAを踊るやら、、、

             

            88歳

            家に帰ってハッピーバースデーを歌いました。

             

            無事に88歳を迎えられて良かったです。

             

            ごんすけ

            僕からもおめでとう。

            僕も16年生きたから、年寄りの気持ちよ〜くわかるよ。

             

             

             

             


            平成31年の幕開け

            0

              日の出

                平成31年の初の日の出

               

              おせち

              明けましておめでとうございます。

               

              山

               穏やかなお正月です。

               

              リビング

               

              イス

              孫がやってきたらこの椅子に座らせましょう。

               

              孫

              孫がやってきました。

              案の定、目が離せません。

               

              雪

              車の窓ガラスについていた雪の結晶。

              こんなにきれいなものとは思わなかった。

               

              さあ、今年はどんな年になるでしょう。

              どんな年にしていきましょうか。

               

              今年もカンコの日記をどうぞよろしくお願いします。

               

               

               

               

               


              年賀状はどうしますか?

              0

                今年も年賀状の季節がやってきた。

                 

                喪中につき、、、、の挨拶文のハガキが届いて、もうそんな時期か、と気がつく。

                 

                新井薬師公園

                 

                 

                新聞のコラムに書いてあったが、作家の池波正太郎さんは毎年何千枚という年賀状を出していたそうだが、年が明けたら来年の年賀状の干支の絵を考案し、半年以上も前に印刷を終了し、春くらいから、日に10枚ほどずつ書いていたそうだ

                 

                数は違うから比べられないが、私なんて年明けて正月気分になって書き出すこともある。

                 

                春から毎日、少しずつ年賀状を書くなんて、なんて面白いのだろう。

                 

                今は、メールやラインでおめでとうと送れるが、年賀状の良さは出す相手の顔を思い浮かべながら、または相手との思い出を思い出しながら書くことである。

                 

                特に私は、長く住んだ大阪の友人からの年賀状は多い。

                 

                なかなか会うことのできない遠い友人からの年賀状は嬉しい。

                 

                都内にいる友人と今年こそ会おうねと言って何年も会ってない友人もいる。

                 

                それでもいい、元気なら、いつか会える。

                 

                今年も何通かの喪中のハガキが届いている。

                 

                中には本年をもって年賀状をやめるという内容の文もあった。

                 

                我が家の年賀状にもちょっとした歴史がある。

                 

                私が図案を考え、夫が彫刻刀で彫って版画にした年。

                 

                子どもが生まれて子どもの写真を載せた年。

                 

                今は印刷文にしているが、必ず、ひと言は手書きを入れる。

                 

                まだまだ、年賀状を書く気にはなれないが、カレンダーを見ると秒読み段階に入ってきている。

                 

                皆さんはもう準備しましたか?

                 

                公園

                 

                 

                 

                 


                りんごちゃん

                0

                  りんご

                  各地のりんごが集まってきました。

                  秋田から送ってきた林檎、近所の人からいただいた青森のりんご、山形のリンゴ、長野の林檎。

                   

                  わたしは、おいしいわよ〜

                  いやいや、私のほうが甘いわよ〜

                   

                  りんごたちがささやいている声が聞こえる。

                   

                  お寺

                  12月8日、妹の旦那さんの三回忌に川越へ

                   

                  お店

                   

                  食事

                  このあと、うなぎが出たり、お蕎麦が出たりでお腹いっぱいに。

                   

                  大丈夫、ノンアルコールビールを飲んだから、私が運転して帰ります。

                   

                  このあと、嬉しいことが・・。

                  ひと足早くクリスマスプレゼントが私の元にやってきました。イッヒッヒ〜。ヽ(*´∀`)ノ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  12月に入って

                  0

                    駒込

                    12月に入り、最初の大きな行事は叔母の四十九日でした。

                     

                    10月に亡くなり、華やかで美人だった叔母の晩年には会えなかっけど、私の中では美しい叔母のままで残っています。

                     

                    お寺

                    由緒あるお寺さんのようで、京都に来たようでした。

                    久々の親戚の大集合で、懐かしい写真が回ってきて、賑やかに会食しました。

                     

                    叔母、90歳。父のきょうだいの中では一番、長生きしました。

                     

                     

                     

                    公園

                    公園で孫と遊ぶことが増えてきました。

                    12月とは思えない暖かい日が続き、孫も薄着で走り回ってました。

                     

                    孫

                    今はまだ1歳なのでなんとか、ついていけますが、この先、あちこち駆け回ったら、追いついていけません。

                     

                    平和

                    母を近くのベンチに座らせて、母が動かないかを見張りながら、ちょこちょこ動く孫を娘と追いかける。

                     

                    ふと見ると木々が色づいていて、穏やかな気持ちになったひとときでした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    ビバ!高校のクラス会

                    0

                      タワー

                      11月10日、土曜日。ちょうど良いお天気。

                      この日は高校の還暦クラス会。

                       

                      母を一人にできないので、夫と妹に留守を頼んだ。

                      朝からカレーを作って大忙し。

                       

                      8月、9月、10月の母の状態を思うと、クラス会には果たして行けるのか、と心配だったが無事に行くことができた。

                       

                      今回のクラス会は還暦ということもあってゴージャスにバスツアー。

                      赤いものを身につけてきてね、と幹事さん。

                      東京駅からはとバスに乗って、出発。

                       

                      まずは私たちと同じ年の東京タワーに登りました。

                      都内にいても東京タワーに登ることは少ない。

                      今日はお天気もよく眺めも良い。

                       

                      しかし、おばちゃんたち、早速コーヒータイム。

                      懐かしい仲間たちとのおしゃべりに夢中だ。

                       

                      バスに戻り、皇居を通って、国会議事堂を通って、都会の中心地を通って、東京ドームホテルでランチ。

                       

                       

                      リラッツサ

                      ここは和・洋・中のバイキング。

                      数年前に家族で来たことがあったが、カニ、カニと張り切って取りに行った記憶がある。

                       

                      今回はわたくしたち、なんたって女子校出身。

                      かつてのお嬢様たちは、カニ、カニ、言わず、品良く、たくさん食べたのでした。

                      だんだん、取りに行くのが面倒なお年頃だから、誰かがたくさん盛ってきたお皿からいただいたりしました。

                       

                      続いて、秋葉原、上野を通って、浅草へ。

                      ここではゆっくりと散策時間がありました。

                       

                      浅草寺

                       

                      バスガイドさんが美味しいメロンパンがあります、揚げ饅頭があります、と紹介してくれて、メロンパン屋を探しに歩き出す。

                      いやいやその前に浅草観音さまに手を合わせ、お線香の煙であちこち悪いところだらけの身体を撫で撫でし、それからメロンパンを探しに歩き回りました。

                       

                      地図を見ても本店が見つからず、人に聞いてその通り歩いても見つからず、そのうち今回参加者14人はバラバラに。

                       

                      しかし、仲見世にジャンボメロンパン屋さんが2件あったので、合流した時には、皆さん、それぞれ手にしていた。

                       

                      浅草

                       

                      バスに戻り、次は東京スカイツリーへ。

                      土曜日とあってすごい人だ。

                      自分で並んでチケットを買ってなんて、とてもできない。

                      ツアー様様だわ。

                       

                      夜景

                      すでに夕暮れになり、夜景になっていった。

                       

                      スカイ

                      キレイだよね、東京。

                       

                      この時間はすでに夕飯の支度のころ。

                      それぞれのお家にはドラマがあるんだろうな〜。

                       

                      クリスマス

                      展望台にはクリスマスツリーあった。

                       

                      バスに戻り、歌舞伎座前を通って、銀座の街を通って、集合場所だった東京駅丸の内南口へ。

                       

                      今日、参加できなかった人たちの近況報告を聞くと、仕事、体調不良、親の介護、中には20年親たちの介護中という人もいた。

                       

                      こうして、参加できたことはしあわせなことなんだ。

                       

                      参加者にも親の介護中、自身が転んで骨折したとか、いろいろ大変な思いの人もいた。

                      私だけじゃないんだ、大変なのは。

                       

                      次回の幹事さんも決まって拍手で終わる。

                      一番、ご苦労されたのは、今回の幹事さんお二人。

                       

                      嫌な顔せず、気持ちよく動いてくださった。

                      改めて感謝である。

                       

                      はとバス

                       はとバスよ、ありがとう。

                       ありがとう、バスガール。

                       

                       また次回のクラス会を楽しみに。

                       

                      万里子の

                      孫のはとバス。

                      大きな方は娘が空き箱で作ったそうだ。


                       「ホントのはとバスに乗ったんだぞ〜」と孫に自慢してやろっと。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/18PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      みんなのブログ

                      TIME

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR