カンコの写真展

0

    未来

    未来都市

     

    銀座

    未来都市

     

    さくら

    銀座の桜

     

    ビール

    中身はビールかコーヒーか

     

     

    ゴジラ

    東京にゴジラ

     

    幸せの木

    幸せの木

     

     

     

    しあわせ

    幸せになった気になる木

     

     


    日本最大級の写真展

    0

      船

      横浜 大桟橋

       

      海

      ベイブリッジが見える

       

      ホール

      ハーバー

       

      写真展

      ここ、大桟橋ホールにて開かれている日本最大級の参加型写真展に行った。

      『御苗場2018』 ”自分の未来に苗を植える場所” という思いのもと、2006年から始まったようです。

       

      同級生のOちゃんが出展してるというので見に来ました。

       

      友人

      動物園でちょうど孔雀が羽を広げたところをパチリ、と写したようです。

       

      賑わい

      260のブースがあり、それぞれ、写真のテーマがあり、美しい写真、面白い写真、どうやって写したの?と思う写真、

      アーティストたちの思いが作品となって楽しく、個性豊かに展示されてました。

       

      大きなカメラを持った人たちがブース内を歩いています。

      小さなカメラを持った私は、小さくなって写してました。

      いつか欲しいな、大きなカメラ。

       

      チャリティ

      事前審査にて選ばれた5作品をオークションにて販売。

      購入金額の半分は出品者の活動資金に還元、残りの半分は2011年3月に発生した東日本大震災の被災者支援として寄付されるようです。

       

      スケジュール

      チャリティ会場

       

      さんばし

      外はとても気持ちが良い

       

      大桟橋

      King  神奈川県庁

      Jack  横浜市開港記念館

      Queen 横浜税関

      横浜三塔が見える

       

      バス

      あれ?バスが浮かんでる

      水陸両用バスでした

       

      今日は暑いくらいのお天気。

      表現したい!という写真好きたちの集まりで写真展も熱気ムンムン。

       

      Oちゃん、ご案内ありがとう。

      これからも腕を磨いてステキな写真を撮ってね。

       

       

       

       


      ひさしぶりの落語

      0

        落語

         

        気晴らしに落語でもどう?

         落語通の友人がチケットを取ってくれました。

         

        久々の落語です。

         

        キョンキョン(小泉今日子ではないよ)こと柳家喬太郎さんは、何回か見てるがホントに面白い。

         

        「平昌(ピョンチャン)オリンピックは、韓国なんだけど、どうもカナダと思ってしまう。

        平尾昌晃に見えてしょうがない、カナダからの手紙・・・だからカナダだ。

        若い人にはわかんねえかな〜」と冒頭から会場は笑いの渦。

         

        お題

        演目はこちら。

         

        久々の落語、楽しかった!

        昼間は春っぽい陽気だったし、

        笑って心があったまった。

        Hちゃん、ありがとう!

         

         

         

         

         

         


        キュリオス

        0

          きりおす

          シルク・ド・ソレイユ創設30周記念作品

          『キュリオス』を観てきました。

           

          妹とそのお友達が行く予定でしたが、行かれなくなり、チケットを譲っていただきました。

           

          サーカス

          3時半開演。

          さあ、どんな世界に連れて行ってくれるのでしょう。

           

          何年か前、シルク・ド・ソレイユは観ましたが、まったく雰囲気が違うものでした。

           

          人間技とは思えないスリルある芸。

          舞台の雰囲気も薄暗く、おとぎ話の世界のよう。

          音楽にのって、ショーのようであり、その中に鋭い技の連続。

          目が離せません。

          素晴らしい芸に観客の歓声と拍手。

          時には笑いもあり、会場から笑い声も。

           

           

          完全に現実離れした夢のひとときを味わった2時間15分でした。

           

          天井

          残念ながら写真撮影はできず、最後,出演者が踊りながら挨拶に出てくるシーンの時は、撮影OK と案内があり、携帯電話での撮影のみで写せることに。

          でも撮らなかった。

           

          ダイハツ

          5時45分終演。

          外は暗くなっていました。

           

          自宅に帰り、ビール飲んで、イワシの塩焼き食べて、やっとコレが現実なんだ、と思いました。

           

          その後、小平奈緒さんの金メダルでまた、嬉しい気持ちになりました。

           

           

           

           

           

           


          芸術にふれる冬

          0

            ダンス

            1月24日、両国のシアターX(カイ)にて、文化庁芸術家在外研修員の会・舞踊分野実行委員会主催の現代舞踊の発表会に行った。

             

            かつて娘が京都でダンスを習っていたときの恩師が出演するとのことで、娘は子連れでやってきた。

             

            しかし、赤ちゃんは入館できないとのことで、前半は私が観て、後半は私が子守りをして、娘が先生のダンスを観に入った。

             

            シアター

             

            会場

            孫をおんぶして、ロビーをウロウロしていたが、展示物を見たり、パンフレットを見たりして、ここは芸術の宝庫だと思った。

             

            いろんな演劇が公演されている劇場である。

             

            先生のダンスを見終えた娘は興奮状態で、久々の先生とのご対面と、ステキなダンスに魅了され、また明日から育児に頑張れそうと喜んでいた。

             

            両国

            近くの国技館では大相撲初場所が行われていた。

             

            本

            かなり厚めの本であるが、面白くて一気に読めた。

             

            ピアノコンクールを舞台に、ピアニストたちの心情を描く。

            クラシックの曲名もたくさん出てくる。

             

            CD

            クラシックのCDを聴きたくなった。

            10人のヴァイオリニストのCDも聴いてみる。

            セールで買った情熱大陸のCDもお気に入り。

             

            とっても寒いこの冬に芸術にふれ、心は温かくなった。

             

             

             

             

             

             


            スターウォーズの映画

            0

              映画

              スターウォーズ 最後のジェダイ を観てきました。

               

              前回のフォースの覚醒の時は、椅子がガタガタするわ、風は出るわ、水は出るわの4DXで、物語に集中できず、今回は朝一番の吹き替え版で観てきました。

               

              振り返れば1977年から始まったスターウォーズ。

              この映画だけは毎回劇場で観ています。

               

              一番、印象的だったのは、大阪、高槻市の映画館で、ダースベーダーがやってくる、ということで楽しみに行きました。

               

              映画が上映される前に劇場に現れましたよ。

               

              さて、今回の話は・・・と内容は言えませんが、またエピソード9に続くと言うことでしょう。

               

              レイア姫役のキャリー・フィッシャーはこの撮影終了後、60歳で亡くなられた。

               

              私より2歳上だから、同年代。

               

              もう一度、彼女の若い頃のレイア姫の映像を観てみたいと思った。

               

              スターウォーズ大ファンの娘のダンナさんは12月15日の公開初日、一番に観たと言っていた。夜中だったようです。

               

              我が家は皆、スターウォーズファンです。

               

               


              大島妙子さんの二人会

              0

                二人会

                ポストを見たら可愛いハガキが。

                二人会の案内だ。

                 

                あれ?いつもは11月だったよね。

                 

                今回は7月14日から23日まで。

                 

                案内

                ボケて写っていますが、場所は恒例であるブックギャラリーポポタムにて。

                 

                絵本の原画展示のほか、アニメーション上映、サイン入りの絵本やグッズを販売。

                 

                はがき

                 

                工藤ノリコさん、大島妙子さんコンビで13回目の原画展というから、これからもずっとずっと続いて欲しいよね。

                 

                    みなさまのお越しをお待ちしております。女

                 

                 

                 

                 

                 


                花形歌舞伎

                0

                  かぶき

                  明治座に五月花形歌舞伎を観に行った。

                   

                  まず、明治座に入ると和服姿の藤原紀香さんがにこやかに迎えてくださった。

                   

                  スラリとして美しかった。

                   

                  最初の演目は「春雨じゃ濡れてゆこう」の名セリフでお馴染みの月形半平太。

                   

                  演じるは片岡愛之助さん。

                   

                  幕末の京都、坂本龍馬、中岡慎太郎、桂小五郎など出てくる時代だ。

                   

                  愛之助さんの太刀も素晴らしく、恋と剣の物語である。

                   

                  借りたイヤフォンガイドも片岡愛之助さんだったので、とても身近に感じた。

                   

                  次は「三人連獅子」

                   

                  父親の獅子は片岡愛之助さん、母獅子、中村壱太郎さん、子獅子は中村種之助さん。

                   

                  牡丹が咲き乱れる舞台に三人の獅子。

                   

                  父親は我が子を崖に突き落とし、母親はそれを心配し、嘆く。 

                   

                  やがて子獅子は這い上がってきて、勇敢に舞を観せる。

                   

                  最後の三獅子の毛振りはこれでもか、これでもかと赤と白の毛を振り回し、華やかに幕を閉じる。

                   

                  終わってから、客席の女性が『私は頭を振ってないのに、なんだかクラクラしてきたわ』と。

                   

                  母獅子は女性らしく、子獅子は可愛らしく演じられていて、もう一度観たいと思った。

                   

                     歌舞伎  歌舞伎   歌舞伎  歌舞伎  歌舞伎  歌舞伎

                   

                   


                  わたしの作品

                  0

                    トールペイント

                    むか〜し、昔のその昔、私が作ったトールペイントの作品です。

                     

                    そうね〜だいだいね〜、娘たちが小学校の時に、同じクラスのママさんが自宅で教室を開いたというので習いに行ったのだから、20数年前でしょうか・・・

                     

                    そのママさんは、今は有名になってテキスト本を出されています。

                     

                    あまり上手に出来なかった私ですが、とても懐かしく思い出されます。

                     

                         筆  筆 筆  絵  絵の具

                     

                     

                     


                    いけばな展

                    0

                      おはな

                      3月10日、小学校のお友だちと毎年恒例のいけばな展に行ってきました。

                      同級生のYちゃんが出品しているので、毎年、ご案内を頂いています。

                       

                      長女

                      Yちゃんの作品は1次展の8日、9日だったので見れずに残念。

                      今日は娘さん二人の作品がありました。

                      こちらは長女さん。

                       

                      次女

                      こちらは次女さん。

                      どちらも可愛らしい作品です。

                      なんと花器は母親のYちゃんが作ったそうです。

                      母娘の共同製作。

                      一年前から構想をして、作り上げていく。

                      おうちの中はお花に囲まれ、お花の話に花が咲く・・・

                      なんと女性らしく、華やかで可憐で、素敵なのでしょう。

                       

                      ふと我が家も娘二人だけど大違い・・・と思ってしまいましたよ。

                       

                      ランチ

                      花展を少し見てから早めのランチへ。

                      ガレットのお店へ。

                       

                      ガレット

                      ガレットの中身はいろいろな種類があります。

                      私のはハムとチーズでシンプルに。

                      結構、お腹いっぱいになります。

                       

                      ラテ

                      続いてお茶へ・・・

                       

                      思えば6年前の3月12日のこと。

                      皆でこのいけばな展に行く予定をしていました。

                       

                      前日にあの大きな地震があったのです。

                      いけばな展の会場はぐちゃぐちゃだったようで、もちろん中止に。

                       

                      3月11日、金曜日、午後2時46分。

                      私が東京に引越ししてきて、3ヶ月たっていなかった。

                       

                      仕事を見つけていないヒマな私は、駅前のビルの4階か5階で催す一日だけの歌の講座を申し込んでいた。

                      午後から始まった発声法と歌の講座。

                      最初の1時間は発声法だった。

                      それだけで私は帰るつもりだった。

                      しかし、せっかくだからこのあとは歌をみんなで歌うというので、さらに追加料金を払って残った。

                       

                      春なので「バラが咲いた」を歌いましょう。 ♪バラが咲いた、バラが咲いた、真っ赤なバラが〜♪

                      楽譜が配られ、歌い始めたその時にぐらりとめまいを感じた。

                      まわりの皆さんは真剣に楽譜を見つめて歌っている。

                      違う、私だけのめまいじゃない。

                      私は立ち上がり、ピアノを弾いている先生に、「先生、地震です!」と叫んだ。

                      それからは立ってられないほど大きく揺れ、皆で手を取り合って教室を出た。

                      フロアに集まる人たち。

                      何が起こったの?

                      スタッフの一人が「東北で大きな地震があったようです!」

                      エレベーターは止まり、しばらくしてスタッフの誘導で非常階段から降りて、自転車を飛ばして自宅に帰った。

                       

                      父が亡くなり、母が一人になったから同居を始めたのに、肝心な時に母を一人にしてしまった・・・

                      母は昔の人がよく言うように、トイレに駆け込んでいた。

                      無事だった。

                      すぐテレビをつけて、酷いことになっていった・・・

                       

                      あっすみません。

                      つい興奮して6年前を思い出してしまいました。

                       

                      花

                      ランチとお茶が終わり、またいけばな展へ。

                      みんなであーだ、こーだ、と批評して回った。

                      会場は春いっぱい。

                      人もいっぱい。

                       

                      外は青空でいいお天気。

                      着物で参上したMちゃんは、このままどこかへ出かけたいわ〜と。

                       

                      私たちのこの集まりはこれからも続いていくことを願ってやみません。

                       

                      Yちゃん、これからもステキな作品を作りあげてね。

                       

                      花 花 花 花 花 花 花 花

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/9PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      みんなのブログ

                      TIME

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR