もう3月なんだね

0

    花

    毎年、3月になるとこの白い花が咲く。

    暑い夏も寒い冬も外に出しっぱなしでも、この時期、可愛らしい花を見せてくれる。

     

    うめ

    近くの公園の梅の花

     

    梅

    3月3日、朝、6時半。

    公園の広場で毎朝やっているラジオ体操に参加してみた。

    この日は東京マラソンの日。

    朝からあいにくの雨だ。

     

    なべ

    キャベツの千切り鍋。

    ヘルシーで美味しかった。

     

    箸置き

    西会津で買った箸置き。

    一つ一つ、顔が違う。

    家族の顔になっている。

     

    まご

    久々の孫たち大集合。

    一歳児は目が離せない。

     

    過ぎ去った2月は本をいっぱい読んだ。

     

    花だより みをつくし料理帖 特別巻  高田 郁

     

    サラバ! 上・中・下   西 加奈子

     

    きいろいゾウ   西 加奈子

     

    ふくわらい   西 加奈子

     

    なぜか今、西 加奈子にハマっている。

     

     

     

     


    めがね

    0

       めがねを買った。

       遠近両用ってヤツ。

       ここ最近、遠くを見るにはメガネをかけ、手元はメガネなしでいける。

       メガネチェーンをつけ、外す時はメガネをブラブラさせている。

       

       電車に乗る。座って本を読む。メガネは外してぶら下げて、、、、

       なんだか面倒だ。

       

       いつも行くメガネ屋さんからは、「次は遠近両用ですね」って言われて何年たっただろう。

       

       母の病院の帰り、母を連れてメガネ屋さんに行った。

       ここでは、何個かメガネを作っているが、いつもとっても丁寧である。

       

       母を車椅子に乗せたまま、待たせて検査へ。

       いつもオシャレなファッションの男性店主は、女性のようにソフトで優しく、検査を進めてくれる。

       字が見えると「いいですね〜よく見えてますね」と褒めてくれる。

       

       メガネの度が決まって、仮のメガネで店内を歩くと足元がおぼつかない。

       高低差がつかめない。

       

       慣れるまで1ヶ月かかりますよ、と。

       

       検査の時、私は訴えていた。

       「日々、介護してると他の世界に行きたくなるんです。だから本を読むんです。ハウトゥものではなく、小説がいいんです。

       だからメガネを作りたいんです。」

       

       メガネができるのは1週間後。

       

       今は裸眼で本を読んでいる。

       

       


      母が転んだ

      0

         

         2月13日、朝5時半。

         

        1階でドスン!という音がしたから、既に起きていた夫が慌てて下へ。

         

        私もベッドから飛び起き、下へ。

         

        母が血だらけで立っていた。

         

        トイレに行くのに、部屋が暗くてガラス戸にぶつかり、顔を打ったようだ。

         

        血液サラサラの薬を飲んでるから血が止まらないといけないので、すぐに救急車を呼んだ。

         

        ガラス戸のガラスは粉々で、夫に片付けを頼み、私は救急車に乗り込んだ。

         

        最近、救急車に乗ることが増えてきたから、保険証、お薬手帳は必ずカバンの中に。

         

        眉間のところから血が、鼻は打撲して、赤くなっている。

         

        もしかしたら、鼻の骨が折れているかも、と救急隊員。

         

        この人、見たことあるぞ。

         

        前に乗った時もこの隊員だった。

         

        救急病院で処置。

         

        CT検査で鼻の骨は折れていなかったが眉間の傷が深い。

         

        何針か縫って、帰ってきたのは朝6時半だった。

         

        そして、今日、同じ病院に消毒に行った。

         

        脳外科の待合室には車椅子に乗った母と同じような顔のおばあさんが何人かいた。

         

        皆さん、ボクシングでやられたような顔だ。

         

        目の上が赤い人、紫の人、緑の人。母は赤紫になっていた。

         

        隣の椅子に座っている母娘がいた。

         

        消毒だけなのに長時間待たされて、飽き飽きしてたから声を掛けてみた。

         

        「昨日の朝、母は転んで救急車,呼んだんですよ。

         

        頭を切って何針か縫いました。

         

        私たち夫婦は2階に寝てて、下でドスンと言う音がしたから下りて行ったらパジャマから何から血だらけだったんですよ」と。

         

        どこのどなたか知りませんが、私は思わず、うちもおんなじです、と話した。

         

        お互いに消毒だけのために長い時間、待たされていた。

         

        その方のお母様は90歳。うちは88歳。

         

        とっても親しみを感じた。 

         

        同じような怪我のお年寄りを見て、やはり、お年寄りは家の中でも転ぶのだと思った。

         

        足の骨折でなくて良かった。

         

        これくらいで済んで良かった。

         

        痛々しい母の顔をマスクとマフラーで覆って、車椅子に乗せ、公園経由で帰ってきた。

         

        今日はバレンタインデーであり、次女のお誕生日であり、次女夫婦の結婚記念日でもある。

         

        仏壇のお線香をいつもより一本多く供えて手を合わせた。

         

         

         

         

         

         


        癒されるもの

        0

          花

          私が癒されるものはお花かな。

           

          庭

           

          植木

          陽射しが春めいてくるとお花たちも生き生きしてくる。

           

          まご

          にも癒されてます。

          しかし、目が離せないので追いかけるのが大変。

           

          本

          別の世界に連れて行ってくれるにも癒されます。

           

          先日は高田郁の「花だより みをつくし料理帖 特別巻」を読みました。

           

          そして今は、友人に薦められた本 「サラバ!」を読んでます。

           

          かつての癒されものは、この子↓

           

          ごんすけ

          は〜い、ボク、ごんすけです。

           

           

           自分で自分を幸せにしよう   と言う。

           

           鏡の前で自分大好き!    と言おう   と言う。

           

           自分で自分の身体を抱きしめるといいよ  と言う。

           

          明日はバレンタインデー。

          自分にご褒美のチョコレートでも買おうっと。

           

           

           

           

           

           

                 


          孫に茶碗蒸し、そしてクイーン

          0

            ランチ

            1歳5ヶ月になった孫に茶碗蒸しを作ってあげた。

             

            離乳食は殆ど食べなかったが、最近はなんでもよく食べる。

             

            スパゲティナポリタンもよく食べた。

             

            茶碗蒸しは180CCのお出汁に卵一個で作って蒸した。

             

            これからも何か作ってあげよう。

             

            そして、クイーン。

             

            クイーン

            映画「ボヘミアン・ラプソディ」は本当に良かった。

             

            若い頃、クイーンは聴いてはいたが特に熱いファンではなくマイケル・ジャクソンのほうが好きだった。

             

            しかし、この映画でフレディ・マーキュリーの生き方に感動し、元気をもらえた。

             

            音楽もいい。もう一度観たいと思う。友だちもみんなそう言っている。

             

            好きな人はこの映画をいろんな映画館で何回も観ているそうだ。

             

            CDを爆音で流せば、家事が弾むこと、進むこと。

             

            孫が来たら童謡のCDに替えるからね〜。

             

             

             

             

             


            あの日を忘れない

            0

               

               24年前の1月17日、阪神大震災が起こった。

               

               東京から転勤で大阪に引越しして、半年後。

               

               いきなりその揺れを経験した。

               

               当時、娘たちは10歳と8歳の小学生。

               

               家族4人、2階で寝ていたが、下に降りてテレビをつけた。

               

               日本列島の地図だけが映っていた。

               

               どこでどうなったのか全くわからない状態だった。

               

               その後、情報がわかってきた時には、東京の実家との電話は通じなかった。

               

               姫路にいるおば夫婦の朝は早い。

               

               すでに朝食準備中だったらしく、窓から稲光みたいなのが見えた、と。

               

               尼崎の親戚の人は当時、大学生、高校生、中学生の息子がいて、夜中にガス管の修理に来たり、スーパーやパン屋へ食料を買出しに行ったり、大変だったと。

               

               六甲に一人で住んでいた高齢のおばは、部屋の隅でぼーっと佇んでいた、と。

               

               親類は皆、無事だったが、映像で見る各地の被害は信じられない光景だった。

               

               あの日を忘れない・・・

               

               あらためて追悼の意を表します。

               

               

               

               


              最近のドジ話

              0

                ごんすけの横顔

                  久々のごんすけ登場

                 

                 寒い冬の朝、公園に散歩に行ったことを思い出します。

                 

                ブログのお仲間、すみれさんよりコメントをいただき、また面白い話を・・・とご要望が。

                 

                面白い話は山ほどあります。

                ほとんど、私のドジによっての出来事です。

                 

                昨年末、日光の家に行った時のこと。

                 

                義姉の車と、うちの車が庭にありました。

                 

                私は、うちの車から荷物を出したかったので、夫に車のキーは?と聞きました。

                夫は玄関にあるよ、と。

                 

                スマートキーを押して、車を開けて、荷物を出し、ついでに車を移動させようと私は運転席に座りました。

                 

                あれ?エンジンがかからない。

                ビックリマークが出てる!

                おかしいな。

                またエンジンを掛けてみる。

                今度は聞いたことないピーピーという音。

                 

                義姉がどうしたの?と覗き込む。

                動かなくて〜と私。

                 

                夫に代わる。

                やはりビックリマークとピーピー音。

                 

                マニュアルを見る。電話したほうがよさそうなので販売社の担当に電話してみる。

                 

                キーを画面に当ててみて下さい。と電話の向こう。

                しかし、動かない。

                困ったな。

                 

                「鍵は間違ってないですか?」と電話の向こう。

                 

                あれ?この鍵、姉の車の鍵だ。

                 

                すみません、間違えました。ホントにすみません・・・・

                 

                私が義姉の車のキーで開けた気でいた。

                うちの車から荷物を取るときには、すでに開いていたのだ。

                 

                大笑い。

                 

                いつも運転してるのに車のキーを間違えるとは・・・・

                 

                車のキーには、きーをつけましょう。

                 

                 

                 


                2018年ありがとう

                0

                   

                  平成最後の年末になりました。

                   

                  今年も多くの出会いあり、ハプニングあり、楽しいことあり、可笑しかったことありました。

                   

                  今年を表す漢字一字は私は『手』です。

                   

                  子育てに忙しい娘たちの手伝いをした手、

                   

                  年老いた母と手をつないで歩いた手、

                   

                  あの手この手と工夫して暮らした手、

                   

                  まだまだ、ありますが、この辺で。

                   

                   

                  ブログを見てくださった方々、ありがとうございました。

                   

                  また、来年もこの調子で書いていきます。

                   

                  皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。

                   

                  新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

                   

                   


                  今年もまだ5日あるぞ!

                  0

                    びわ

                    植木屋さんが入って、ビワの葉が捨ててあったので、

                    植木屋さん、捨てないで!葉っぱ使うんです。

                     

                    ビワ葉

                    こんな立派なビワの葉っぱ。

                     

                    1枚1枚洗って、拭いて、刻んで、瓶に入れます。

                     

                    ビン

                    35度の焼酎を入れて置きます。

                     

                    出来上がったら、ビワの葉エキスに。

                    我が家の万能薬です。

                     

                    日光

                    日光の空は青い。

                     

                     

                    ストーブ

                    ストーブの火は赤い。

                     

                    お墓の周りの草刈りと掃除をしたり、お義母さんがいる施設に行ったり、クリスマスの三連休は、そんなに寒くなかった。

                     

                    今年も終わりに近づいている。

                     

                    あれもしなきゃ、これもしなきゃと思いつつ、わりとのんびりしている。

                     

                    できないものはできないのだ。

                     

                    昨日は母の訪問診療、今日は母の訪問看護。

                     

                    明日はまた母の病院へ。

                     

                    母の用事が増えてきたが、その中で自分の時間を見つける、自分の時間を作る、、、それが今の私の課題かな。

                     

                    今年もまだ、5日もある!

                     

                     

                     

                     


                    日曜の朝

                    0

                      あさ

                      日曜日の朝、お世話になった知り合いの人のお墓参りに。

                       

                      ヒルズ

                      青山墓地から六本木ヒルズが見える。

                       

                      青山

                      朝のお水は冷たかったけど、お墓周りの掃除をして、手を合わせたら、寒くなくなった。

                      身体も心も温まったからかな。

                       

                      早朝の青山通りのお花屋さんはまだ開いてなくて、以前買ったことがある青山墓地近くのお花屋さんに行ってみた。

                      開いていたので心ばかりのお花を買った。

                      なんとこのお店、朝6時半からお店を開けているらしい。

                       

                      イチョウ

                      車から見た外苑前のイチョウ並木。

                      もう枯れ始めていた。

                      金色の美しいイチョウは終わったのだ。

                       

                      12月16日、、、今日は父の月の命日である。

                      12月17日、明日は今日お墓参りしたTさんの祥月命日である。

                       

                      今朝、母が寝ているうちにと青山に来た。

                      帰り際に母に電話をしたら、心配そうにしていた。

                      置き手紙は置いていったものの一人で心細かったようだ。

                       

                      少し、外に出て行ったようだ。

                      私たちを探しに。

                       

                      やっぱり一人にしておけない。

                       

                      今年も残り少なってきた。

                      街のクリスマスの雰囲気は味わえないけれど、

                      毎年、流すお気に入りのCD セリーヌ・ディオンのクリスマスソングがこの時期の私の楽しみである。

                       

                       


                      | 1/29PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      みんなのブログ

                      TIME

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR