新米ママたち

0

     

    そろそろ新米の季節ですね。

     

    新米ママも我が家にいます。 赤ちゃん

     

    先日、赤ちゃんの一ヶ月検診に付き添いました。

     

    同じ時にお産で入院していたママたちが次々とやってきて同窓会状態。

     

    赤ちゃんを見せ合い、抱っこひもを見せ合い、ベビーカーで来たママのベビーカーにお試しで乗せてもらい、待合室で、大騒ぎ。 ベビーカー  ベビーカー  ベビーカー

     

    保育園の話にもなり、情報交換をしていた。

     

    私も30年前、お産の時、同じ病室の人たちと知り合い、赤ちゃん連れで集まったりしていた。

     

    赤ちゃんを一列に並べて、写真を撮ったりして、楽しかったことを思い出す。

     

     新米ママたち、頑張って。

     

      赤ちゃんの健やかな成長とママたちの健康をお祈りいたします。ハート

     

     

     

     


    小さな洗濯物

    0

      洗濯

       赤ちゃんの洗濯物がいっぱいです。

       

      ベビー

       小さくて、見ているだけで癒されます。

       

      服

       

       近所の人に「今どき、布のオムツなんてえらいね〜」と。

       

       「えっ?紙オムツですけど」

       

       布のオシメが干してあったというのだ。

       何を見てそう思ったのかな? 赤ちゃん 赤ちゃん 赤ちゃん

       

       

       

       


      赤ちゃんとの日々

      0

        赤ちゃん

         

         早いもので9月になっていました。

         

        娘の出産予定日は8月15日でした。

        しかし、お腹が大きかったので、8月初めには産まれてくるだろうと思っていました。

        娘のダンナさんも8月11日から10日間も夏休みを取っていて楽しみにしていたのになんと、今日から出社という日に生まれたのです。

         

        7月初めの話。

        お腹の大きい娘とドキュメンタリー映画「うまれる」を観に行きました。

         

        両親の不仲、虐待の経験から親になることに戸惑う夫婦。

         

        出産予定日に我が子を失った夫婦。

         

        子どもを望んでも授からなかった夫婦。

         

        完治しない障害を持つ子を育てる夫婦。

         

        4組の夫婦のドキュメンタリーです。

         

        出産シーンもあったので、出産前に不安を抱えている娘には刺激的かな、と思ってましたが、自主上映会主催者のママさんが、

        「私も妊娠中に観たんですよ」と3人目をおんぶして、爽やかに話してくれた。

         

        第二部は「ママのお腹をえらんできたよ」の著者 池川明先生の講演会。

         

        聞きたがったが、さすがにお腹が苦しいと娘が言うので104分の映画だけにした。

         

        8月、まだ産まれてきそうにないね。

         

        娘とよく歩きました。東京では雨だったり、涼しい日が続いてました。

         

        8月11日、NHK元アナウンサーの村上信夫さんのトークショー。

         

        この時も産まれてきそうにないので、夫と夜、出かけることができた。

         

        村上信夫さんに「来られて良かったですね」と言われました。

         

        クミコさん

        村上信夫さんのステキな声と可愛らしく楽しい歌手クミコさんとのトークと歌。

        このところ夜の外出がなかった私にはとっても新鮮でした。

         

        そして、クミコさんの数々のCDの中から、「うまれてきてくれてありがとう」のCDを買いました。

        そして、娘の名前を入れてクミコさんがサインをしてくださいました。

        早速、お腹の赤ちゃんに聞かせました。

         

        今日か、明日かと待ち望んでた8月でした。

         

        さてさて、長女の次男のお宮参りの日取りが決まり、こちらも参加は無理かなって思ってましたが、次女は産気づきそうにないので私たち、じじ、ばばは、参加できました。

        8月20日のことです。

         

        そうそう、12日、13日と一泊で日光にお墓参りもできました。

         

        すべて、クリアできて、感謝です。

         

         21日の夕方から陣痛が始まりました。そして22日、夜中にオギャーと出てきたわけです。

         

         赤ちゃんとの日々。2時間おきのおっぱい、泣けばオムツか、抱っこか。

         

         オムツを開ければ、おしっこのシャワー。あらためて男の子だからだわと思う。

         

         物干しには小さなハンガーに小さな肌着。

         

         夕方には沐浴の時間。

         

         眠いよ〜、お腹すいた〜の娘の声。

         

         私も30年前はこうだったのかな、母親に甘えて、助けてもらったんだなって思い返してみた。

         

         30年前は布のオムツだった。沐浴のあとは、薄い番茶を飲ませた。

         

         お尻にはシッカロールをはたいた。

         

         足から日光浴を、と言われた。

         

         昔と今とでは子育て方法は違うところがあるが、愛情をかけるのは同じこと。

         

         何もできない赤ちゃんはおかあさんのおっぱいを求めて、生きているんだな〜。

         

         こうして、夏が終わり、赤ちゃんとの秋が始まる。

         

         

         

         

         

         

         

         


        えっ?ホントなの?

        0

          朝顔

           

          ピンク

           2階のベランダの朝顔は毎朝15個はを咲かせ、よく咲いてるねって声をかけます。

           

           えっ?ホントなの?の話を。

           

          昨日、近所のお友だちが来て「犬のオムツと間違えて人間の赤ちゃんのオムツを買っちゃったのよ、もらってくれる?」

           

           はぁ? ええっ〜! なんでまた・・・

           

          友だちのワンちゃん15歳がいよいよ介護になり、オムツを買いにホームセンターへ。

          友だちのご主人が、ペット売り場でお店の人に勧められ、買って、開けて、犬に当ててみたら・・・

           

          そこで気づいたらしい・・・

           

          一個使っちゃたけど、もらってくれる?

           

          やはり犬にはムリだわ、と友だち。

           

          しかし、ペット用品売り場なら、ペット用しかないはずだし、たまたま人間の新生児用が棚にあったのかと疑ってしまう。

           

          お店の人も確認しないのはおかしいし・・・

           

            おかしな話ですが、喜んでいただきますよ。

           

           


          昭和のまねごと

          0

            かご

             

            私が小さい頃のおかあさんたちは、近所のお店に買い物かごを持っておつかいにいったものだ。

             

            買い物じゃなく、おつかいなのだ。

             

            お豆腐は鍋かボールを持って、そこに入れてもらう。

             

            覚えているのは、魚屋、肉屋、酒屋、乾物屋、八百屋、お菓子屋、佃煮屋、化粧品屋があった。

             

            今、残っているのは、同級生がやっている豆腐屋さん。

             

            友だちのお兄さんがやっている八百屋さんがある。

             

            昭和をマネして、前掛けをして、つっかけを履いて、カゴを持っておつかいに行ってみた。

             

            エプロンではなく、前掛けをして。

             

            「これちょうだい」 「今日は、なんかいい魚ある?」

             

            八百屋さんでもらうお釣りは、天井からゴムで吊るされているカゴだった。

             

            お菓子屋さんでは、量り売りがあった。

             

            卵は新聞紙で固く包まれていた。

             

            いつも商店街は賑わっていた。会話があった。

             

            近所の人が立ち話をしてた。

             

            そんな昭和を懐かしく思い、雨上がりの○○商店街を歩いてみた。

             

             

             

             

             

             

             

             


            弟への愛

            0

              頭にのせた

              娘の次男は産まれて一ヶ月が過ぎました。

               

               おや、頭に何かのってますね。

               

               

              せいしろう

              のっけたのは2歳のお兄ちゃんでした。

               

               これも弟への愛なんですね。

               

              娘が、兄弟二人きりにはしておけない、と。

              抱っこしようとしたり、お腹を叩いたり、目が離せないようです。

               

               今は寝てばかりの次男。

              いつかきっと兄弟で遊んだり、ふざけたりする日が来るでしょう。こども こども

               

               

               


              早朝散歩で

              0

                ひまわり

                朝早く、公園へ散歩に。

                 

                散歩

                 

                公園

                 

                フィル

                 盲導犬のフィル君。

                ご主人様とは訓練センターで一ヶ月、生活を共にして、それから家にやってきたんだって。

                とっても優しい目をしていて、おとなしいからいっぱい触らせてもらいました。

                 

                ころ

                 

                コロちゃん

                 まだ若いコロちゃん。

                 毎朝5時から2時間は散歩するという元気な柴犬ちゃん。

                 

                 コロちゃんの飼い主さんは、ごんすけのことをイケメンだねっていつも可愛がってくれました。

                 

                芝生

                 6時半になったらここでラジオ体操が始まります。

                 

                 早朝散歩は気持ち良いね〜。 木 蝉 鳩 鴨 犬 木

                 

                 

                 


                面白い話

                0

                  ゴン

                  ゴンちゃんも笑ってくれるかな、面白い話。

                   

                  娘とパスタ屋さんに入った。

                  ちょうど入口に来た人に「二人です」と言った。

                  娘、「お母さん、今の人、お店の人じゃないよ」

                   

                  白いTシャツに黒いエプロンをしていたように見えたからお店の人かも・・と。

                   

                  娘に恥ずかしい・・・と言われた。

                   

                   

                  何年か前、友人と甘味処に入り、お店の人にこちらへどうぞ、と言って付いていき、暖簾までくぐって行ったら厨房だった。

                   

                  途中、席は空いていたのに、なぜお店の人とドンドン行っちゃうんだろう、と友人。

                   

                  友人に恥ずかしい・・・と言われた。

                   

                   

                  昨日、娘に付き添い、銀行に行った。

                   

                  窓口で、手続きしている娘は、かなり時間がかかった。

                   

                  涼しい待合のソファで、置いてあった『世界遺産の本』をじっくり眺めていた。

                   

                  あまりにも素晴らしくて、世界中を旅している気分になった。

                   

                  日本は、富士山、日光、白神山地、屋久島、小笠原諸島、広島、姫路、知床、平泉、白川郷、熊野那智、京都、奈良、石見銀山、厳島神社、首里城・・・・・すみません、あちこち飛んで。

                   

                  ここも行ってみたい、あそこもいいな、と時を忘れてのめりこんでいた。

                   

                  そしたら、係の人が「お客様、マイルの貯まるカードがありますが、お作りしませんか?飛行機に乗った時に・・・」

                  ・・・と説明が始まり、私は「私、あまり旅行に行かないんで」と断った。

                   

                  旅好きに思われたらしい・・・

                   

                  約1時間半の世界遺産の旅でした。 飛行機 教会 城 海 ピラミッド 滝 山 船

                   

                   

                   

                   


                  穴がぽっかり・・・写真のみ

                  0


                    ソウイウヒトニワタシモナリタイ

                    0

                        梅雨入りしましたね。雨

                       

                      平成11年の5月に産経新聞「きのうきょう」に投稿して載ったエッセイを読んでみました。

                       

                        ソウイウ母ニワタシモナリタイ

                       

                      夫の母は75歳。41歳のとき、夫に先立たれ、女手一つで4人の子どもを育ててきた。

                      今では、それぞれが所帯を持って、孫は7人になった。

                      母は目が悪く、体も小さいが、人のために一生懸命尽くす人である。

                      夫は「おふくろは宮沢賢治のようだな」とポツリと言った。

                      「東ニ病気ノコドモアレバ/行ッテ看病シテヤリ/西ニツカレタ母アレバ/行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ・・・」

                      確かに妹のところに赤ちゃんが生まれたと言っては栃木に行き、姉の仕事が忙しいと聞けば埼玉へ行って手伝い、今は夫婦共働きの弟が、仕事をしながら資格を取るために勉強中だということで、長野に出かけている。

                      我が家に来てくれたときは、庭を一面のコスモスに畑にしてくれた。

                      赤やピンクのコスモスは、近所の人を楽しませた。

                      朝夕、水をやり、花に声をかけて育ててくれた。

                      「私はね、子どもたちが小さいころは、父親の役割もしていたよ」

                      体を張って生きてきた母の言葉だ。

                      先日の母の日に、贈り物をあれこれ考えていたら、「私は何もいらないよ」と先回りされてしまった。

                       今、こうして私たちがいるのは、お母さんのおかげです。

                      母の日だからではなく、本当にいつも感謝している。そして・・・

                      『ソウイウ母ニワタシモナリタイ』

                       

                       今から18年前、大阪にいたときに投稿して、5月12日に掲載された。

                      その義母も今は93歳である。

                       

                       犬の散歩友だちのハナちゃんのママは、義理のお母さんのために、午前中はデイケアに送りに行き、帰ってからは今日は歯医者、明日は内科と会う度に、忙しそう。

                      この人、自分の時間あるのかしら・・と思う。

                      飼い犬のハナちゃんもアレルギーでよく病院に行っている。

                      それでもいつもニコニコ穏やかだ。

                       

                      私も今は長女のこと、次女のこと、母のことで、何か落ち着いたな、と思ったら、次から次へといろんなことが発生している。

                      具合が悪い者がいたら、お灸をしてあげたり、こんにゃくで湿布をしたり、処方された漢方を煎じたりしている。

                       

                      友人に「チャングムみたいだね」って言われた。

                      年上の知り合いに「千手観音のように前の手、奥の手と何本もの手を出してお手伝いしてるのね」って言われた。

                       

                      そんな、そんな、もったいないお言葉。

                       

                      ふと、義母を思い出し、私も人のお世話する、そんな年になったのかなって思った。

                      実母はキレイ好きで、ゴミがたまればゴミの日でないのに出しにいっちゃうほど元気。

                      腰が痛い、背中が痒いと言っても決してすぐ病院には行かない精神的に強い人、我慢強い人である。

                       

                      私は今は、できることしかできませんが、身近な人を見習ってソウイウヒトニワタシモナリタイ。

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/26PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      みんなのブログ

                      TIME

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR