今市報徳二宮神社

0

    そんとく

    皆さん、この銅像は知ってますか?

    薪を背負って本を読んでいるこの姿。

    小学校で見かけますね。

     

    二宮金次郎として有名な二宮尊徳です。

     

    お墓

    小田原市で生まれ、ここ栃木県今市市で亡くなりました。

    尊徳さんのお墓です。

     

     

    神社

         今市報徳二宮神社

     

     二宮尊徳は東照大権現社を含め、困窮を極めていた日光の村々を復興させようと奔走したのです。

     

     

    おみくじ

    今月17日に例大祭が行われます。

    尊徳さんは水の神様ということで『神水のおみくじ』ができました。

    境内の御神水に浮かべて占うようです。

    ぜひ、やってみたいです。

     

    この二宮神社をより近しく、親しく、そして応援したくなったのにはある出会いがあったのです。

     

    今年の5月21日、夫の会社のイベントで、薪火まつりというのを開いていました。

     

    まきび

    薪の中をくりぬいて作った『きこりのろうそく』の火をじっと眺めていらしたご夫婦がいました。

    「いいわね〜この火」と奥様。

    熱心に質問をしてくるご夫婦に担当者は説明をしていました。

    話のなかでご主人の出身が、うちの夫と同じ栃木県今市市ということで、夫をすぐ呼び、話がこの火の燃え方以上に燃え上がり、

    名刺を交換し、手を握り合い、肩をたたかれ、地元二宮神社を盛り上げようじゃないか、を誓い合ったのです。

     

    今市出身のFさんは素晴らしい方で、なんと大きな大きな木で彫られた像を二宮神社に寄贈されました。

     

    木像

     尊徳来福像と名付けられました。

     

    オブジェ

    杉の巨木を日本チェーンソー大会優勝者に依頼し、出来上がって6月30日に奉納設置されました。

     

    これがひとつの木だったとは思えない大きくて、細く掘られていて、顔はとても愛らしい。

     

    まき

     

    きこり

    例大祭、当日は『神代の灯り』として、この木のろうそくに火を灯させていただきます。

     

     

    二宮尊徳翁遺訓

    人生れて学ばざれば生まれざると同じ

    学んで道を知らざれば学ばざると同じ

    知って行うこと能はざれば知らざると同じ

    故に人たるもの必ず学ばざるべからず

    学をなすもの必ず道を知らざるべからず

    道を知るもの必ず行はざるべからず

     

     晩年、日光の再興に取り組み、1856年、69歳で病没

     

       例大祭の報告はまた記事に載せさせていただきます。

     

     

     


    為せば成る・・

    0
      2月に入りました。
      神社に置いてある2月の生命の言葉は、

      「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」上杉鷹山

      何事も強い意志をもって行動を起こせば必ずできる。
      考えているだけでは 何も成果は得られない。
      できないのは行動しないからである。





       

      酉の市

      0
        神社

         11月8日。今日は酉の市。

         毎年、11月の酉の日に祭礼が行われる。

         今年は二の酉まで。

         三の酉まであると火事が多いって昔から言われている。

        酉の市

         夕方から人の出も多くなってきました。

        熊で

         我が家は我が家なりの小さな熊手を買って、商売繁盛、家内安全を願ってきました。

         実妹が、無事、ニューヨークから帰国。

         目的だったニューヨークマラソンは、ハリケーンのせいで、中止だったらしい。

         ちょうど大統領選もあった時期だから、どんな様子だったか、土産話が楽しみだ。





        九月の言葉

        0
           
           9月に入って一週間がたってしまった。

           今月の神社の生命の言葉 は

                  敬 天 愛 人

                                         西郷 隆盛

                「天を敬い、天が人々を愛するように人を愛する」   という意。


            それと、今日の言葉 として、メールで送られてきた文。


            「自分に舞い込んできた福を使い切ってしまわず一部をとっておく。

             そういう心掛けの人に幸運の女神は微笑む」

                                
                 渡部 昇一


                つまり、自分さえ良ければいいっていう考え方はダメなのよね。

                福はみんなで分けないとね。

            まだ蒸し暑い9月。

            皆さん、夏の疲れがでませんように・・・・・・



            

          6月になりました

          0
             
             2012年、6月 に入りました。

             今月の神社の 「生命の言葉」 は、

             人の親の心は闇にあらねども  子を思う道にまどひぬるかな

                                                       藤原 兼輔

               親の心は夜の闇ではない。
             
               しかし、子どものことを思うと、まっくらな闇を進むようで、迷い、途方に暮れるばかりである。

                                                               「後撰集」


               藤原兼輔 は、平安時代の歌人、紫式部の祖祖父にあたる。

               この歌は、娘が醍醐天皇に嫁いだ後の心配でならない心を詠んだものだそうである。


                いつの時代も子を思い、悩む親の心は変わらないものである。ということである。


               私たちも、親に心配されながら、悩ませてしまいながら、生きてきたわけです。

               いくつになっても、親は親。子は子です。

               できるだけ、心配かけないように。そう、できるだけ。



             

            神社めぐり

            0
              浅間神社

               家から自転車でちょっと行ったところにある 浅間神社

               隣には幼稚園がある。 私が通った幼稚園である。

              荏原神社

               品川にある 荏原神社。

               明治天皇は、明治元年、新都である東京に主要な神社十二社を准勅祭社としてお定めになった。

               荏原神社は、その一つである。

               日枝神社、根津神社、芝神明社(芝大神宮)、神田神社、

               白山神社、亀戸神社、富岡八幡神社

               王子神社、赤坂氷川神社、六所神社(大国魂神社)、鷲宮神社、

               そしてここ品川貴船社(荏原神社)
              である。


              品川神社鳥居

                品川神社。

              品川神社

               東海七福神 がある。

                   鳥居をくぐると、なぜか神聖な気持ちになる。

                   手を合わせて、さらに心が落ち着く気がする。

               


               

              皇大神宮(内宮)

              0
                内宮

                  この宇治橋を渡って、俗界から、神域へと参ります。

                  皇室のご祖神の 天照大神 をおまつりする、尊いお宮、皇大神宮(内宮) です。

                  
                五十鈴川

                 五十鈴川。  が川面に垂れ下がっています。

                入口

                 きれいにお手入れされている、お庭。


                 伊勢内宮

                 ここから、参道を歩き、階段を上がったところに 正宮 がある。

                 垣根に囲まれています。  中は写真撮影は禁止でした。

                 隣には、来年、移られる 新しい社殿 が建てられています。




                 
                 荒祭宮

                 ここは、荒祭宮。  正宮に次ぐ別宮。

                 正宮では、日本の国の安泰をお祈りして、ここでは、個人的なお願いをしてよいと言われています。

                 森に囲まれた中に建っています。


                 第11代垂仁天皇の時代に、諸国を巡られた後、この五十鈴川のほとりを選んだのです。

                 伊勢神宮という神宮はなく、正式名称は「神宮」

                 天照大御神をお祀りする 皇大神宮(内宮) 豊受大御神(外宮) をはじめ、14の別宮と109

                 の摂社、末社、所管者を合わせた125社の総称です。

                 なんとまあ、規模の大きいこと。 神様の域は、我々にとっては遠い、遠い存在ではあるけれど、

                 こうして、お参りでき、手を合わせられたことに感謝することですね。

                 内宮
                  
                 そして、もう一度、五十鈴川を見て、そろそろ、お腹もすきました。



                お伊勢参り

                0
                  外宮
                    4月7日、土曜日。 良い天気

                   午前11時50分、無事に外宮に到着。

                   外宮、豊受大神宮は、お食事を司る神様の豊受大神 をおまつりしています。

                   ここ、伊勢の地の豊かな食材を使って、朝、夕とお食事を作って、神様に差し上げています。




                   くすのき

                    清盛楠(きよもりぐす)   樹齢1000年以上の楠の大木。

                    平清盛が参拝に訪れたとき、冠に触れた枝を切らせたという逸話 がある。

                    本当は一つの木だったらしいが、いつかの台風で割れたらしい。

                    それにしても大きな木だった。



                  イベント
                   

                   勾玉池。 ここにちょうどこの日、式年遷宮」 記念の 「せんぐう館」 がオープンした。

                   来年、平成25年は、20年に一度の 「式年遷宮」 の年。

                   新しい御社殿を造って、神様にお遷りを願い、神様の力がさらに高まるように1300年前から続いて  

                   いる祭典である。

                   では、次は内宮へ。



                   

                  2月1日

                  0
                           神社
                          
                           2月1日、水曜日。

                           澄んだ青空だけど、風が強くて冷たい。

                           近所の神社にお参り。 お賽銭箱の隣に置いてある紙には・・・・

                      2月の言葉 「僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる 高村光太郎」とある。

                        自ら進む道は自分の力で切り開いていかなくてはいけない。
                        その歩みを続けていった結果が「人生」という1本の道となる。  
                     

                          ゴンスケ

                           ゴンスケよ。お互いに自分の力で歩いていこうな。

                        
                         

                    磐井神社

                    0

                      岩井神社
                       
                       10月5日(水)午前、犬の散歩に神社の前を通ったら、ニッポン放送の車が停まっていた。
                      またまた、ミーハーな私は、一度、家に戻り、ラジオのチューナーをニッポン放送にあわせ、この神社で生中継やると聞いて、雨の中、やってきた。
                       ニッポン放送のアナウンサーと知らない演歌歌手がいて、雨の中、ミニコンサートをしていた。
                      おばちゃんたちが「ケンちゃあ〜ん」と叫んでいたよ。

                       この神社は、氏神様で、私の名前をつけてくれた神社でもある。
                       東海七福神の一つでもある。
                       初詣もここに来る。
                       初詣まで87日。  冬支度したくなる寒い一日でした。


                      | 1/1PAGES |

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      みんなのブログ

                      TIME

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      PR